コンシーらぶ|コンシーラーで隠す技と美肌を実現するサイト

コンシーラーの種類と特徴について

コンシーラーには、「ペンシルタイプ」、「スティックタイプ」、「クリームタイプ」、「リキッドタイプ」の4種類があり、それぞれで使用感や仕上がりなど特徴が異なります。

コンシーラーの種類を知って、気になる部分が綺麗に隠せる!そんな方法学んじゃいましょう!

ペンシルタイプ

ペンシルタイプコンシーラー

コンシーラーの中でも一番カバー力がある、先が細いペンのようなペンシルタイプは、顔に付く色素の顔料が多いことから、色素が肌に付きやすいために、肌トラブルを隠す効果が高いです。

 

ただし、乳液などに含まれる油分がほとんど入っていないので、テクスチャーが固くて伸びが悪く、色ムラになりやすいという難点はあります。

ステックタイプ

スティックタイプコンシーラー

口紅のようなスティックタイプは、ペンシルタイプよりも、ややカバー力が劣ります。というのも、ペンシルタイプよりも、色素の顔料が少ないためです。

 

ですが、顔に付く顔料が少ない分、ペンシルタイプよりも、自然な仕上がりにはなります。

クリームタイプ

クリームタイプコンシーラー

クリームタイプは、顔に付く色素の顔料よりも、油分が多めなため、艶が出て自然な仕上がりが期待できます。コンシーラーのテクスチャー自体も、油分の配合から、柔らかめで伸びが良いです。

 

チューブ状や丸い容器やパレットに入っていることもあり、パレットタイプは、何色が入っていて、混ぜることで、色味を変えることができます。

リキッドタイプ

リキッドタイプコンシーラー

チューブ状や筆ペンになっていることもあるリキッドタイプは、コンシーラーの中でも、カバー力が劣る分、一番自然な仕上がりです。自然な仕上がりは、顔に付く色素である顔料よりも、油分が多いところにあります。

 

また、油分の多さから、テクスチャーが柔らかく、厚塗りしやしく伸びが良いのも特徴となります。

 

目的別のコンシーラー選びと使い方

 

コンシーラーは、毛穴を隠す、ニキビを隠すなど、『目的』で選ばなければ、綺麗にカバーすることはできません。

 

ポイント『色の選び方』や『使い方』に関しても、正しい方法を知っていなければ、メイク後に色ムラや厚塗りした場合にコンシーラーが目立ってしまったり、時間の経過とともに、ヨレや崩れに繋がることもあります。

 

反対に、これらを把握していれば、コンシーラーの使用で陥りがちな、色ムラ・カバーできない・コンシーラーが肌に馴染まない・時間が経つとヨレるなどの悩みがなくなりますので、正しいコンシーラーの選び方や使い方を覚えて実践していきましょう。

毛穴を隠すコンシーラーの選び方と色

毛穴のタイプによっても、最適なコンシーラーや色は異なります。

 

毛穴には、皮脂などの詰まりがある「オイリー毛穴」、「黒ずみ毛穴」と、毛穴詰りはないものの凹凸がある「乾燥毛穴」、「たるみ毛穴」がありまして、前者のオイリー毛穴と黒ずみ毛穴は、『ペンシルタイプかスティックタイプ』が向いており、後者の乾燥毛穴とたるみ毛穴は、『クリームタイプかリキッドタイプ』が向いています。

 

コンシーラー・ペンシル&スティックオイリー毛穴や黒ずみ毛穴は、皮脂などが毛穴に詰って開いている症状なので、毛穴を塞ぐようなカバー力があるペンシル、スティックが向いているのです。コンシーラーの色は、白いオイリー毛穴は、肌と同化しやすい『肌に近い色』が良く、黒く色が付いている黒ずみ毛穴は、自分の肌に近いものの、黒ずみと同化しやすい『暗めの色』が良いです

 

コンシーラー・クリーム&リキッド乾燥毛穴やたるみ毛穴は、何かが詰っているのではなく、乾燥やたるみによって、毛穴が凹凸になっている症状なので、油分が多くて柔らかいテクスチャーのクリームやリキッドが、凹凸に入り込んで肌をフラットにしやすいです。コンシーラーの色は、凹凸部分と肌の色が合うように『肌に近い色』が良いです。

 

更に詳しく⇒ 毛穴隠すコンシーラーの選び方と鼻や頬の部分別の隠し方コツ

 

毛穴を隠す為のコンシーラーの正しい使い方

毛穴を隠す上で、起こりやすいトラブルに『毛穴落ち』があります。毛穴落ちとは、ベースメイクが落ちる際に、毛穴に入り込んで、毛穴が強調されてしまうものです。

 

正しい方法で、べースメイクがされていない時に、起きてしまいますから、毛穴落ちをしないためにも、正しいベースメイクの方法も含めて紹介したいと思います。

 

しっかりと化粧水や乳液や下地を浸透させる

 

コンシーらぶ|コンシーラーで隠す技と美肌を実現するサイト

毛穴落ちを防ぐ方法として、『しっかりと化粧水等を浸透させる』ことがあげられます。しっかりと浸透させずに、肌についているだけですと、ベースメイクに含まれる油分と化粧水等が混ざり合って、ベースメイクが肌から落ちて、毛穴落ちしやすくなります。

 

その為、しっかりと化粧水等を、肌に押し込むように浸透させてから、ベースメイクを行ってください。

 

コンシーラーを含むベースメイク

 

ベースメイクをはじめる前に、コンシーラーを綺麗に馴染ませる為の『コンシーラーを塗る順番』を覚えておきましょう。使用のファンデーションによっても異なり、パウダーファンデーションの場合は、コンシーラー⇒ファンデーションの順となり、リキッドやクリームファンデーションの場合は、ファンデーション⇒コンシーラーの順になります。

 

パウダーファンデーションの場合

コンシーラー⇒ファンデーション

 

リキッドファンデーションの場合

ファンデーション⇒コンシーラー

 

コンシーラーを塗る手順は、塗る量を調節できるように、手の甲にコンシーラーを出して、コンシーラーを塗っているのが分からないように、少量を指先にとって、毛穴に乗せていきます。肌と同化させるように、指先でポンポンと馴染ませることも大切です。

 

ファンデーションも、コンシーラー同様に、手の甲に出して、少量を肌に乗せた後、肌に同化させるように、指先でポンポンと馴染ませます。

 

ベースメイクに関する注意点は、以下の通りで、「自然な仕上がり」・「毛穴落ちを防ぐ」・「毛穴をカバーする」上で大切となります。

 

ポイント自然な仕上がりかつ毛穴落ちを防止するためにも厚塗りはしない
厚塗りは、自然な仕上がりになりませんし、顔の皮脂とベースメイクの油分の混ざりが起きやすく、ベースメイクの落ちから、毛穴落ちを招きやすいです。

 

ポイント毛穴をカバーするためにベースメイクを適度に馴染ませる
ベースメイクを肌に馴染ませることは大切ですが、何度も指先でポンポンと馴染ませすぎると、指先の方にベースメイクが馴染んで、肌から落ちてしまい、しっかりと毛穴がカバーされません。

 

フェイスパウダーで仕上げる

 

フェイスパウダー

毛穴落ち防止&毛穴カバーを強化するためにも、フェイスパウダーで仕上げましょう。

 

フェイスパウダーの選び方は、メイク落ちから毛穴落ちに繋がる『皮脂や汗を吸収する成分(シリカなど)の配合』と、毛穴カバーに最適な、光の反射から毛穴をボカす『ラメやパール入り』のものが良いです。

しみ・そばかすを隠すコンシーラーの選び方と色

気になるシミ・そばかすをキレイに隠すには…

 

コンシーラー・ペンシル&スティックしみ・そばかすは、色が濃いなど目立つ場合と、色が薄いなど目立たない場合で分けられます。目立つ場合は、『ペンシルタイプかスティックタイプ』がおすすめです。

 

目立たない場合は、『クリームタイプかリキッドタイプ』が良く、目立つ場合は、ペンシルやスティックの方が、カバー力が高いため、しっかり『しみ・そばかす』を隠すことができます。

 

目立たない場合は、ペンシルなどのカバー力は必要なく、クリームやリキッドにある、自然な仕上がりを求めるのがおすすめです。

 

コンシーラーの色は、目立つ場合も目立たない場合も、肌の色に近いものの、しみ・そばかすの色と同化するような『暗めの色』が良いです。

 

こちらもオススメ⇒ シミの症状別でわかる!シミを消す・薄くする化粧品の選び方

 

しみ・そばかすを隠す為のコンシーラーの正しい使い方

しみ・そばかすを隠す上で一番大切なことは、『肌に刺激を与えない』ように、コンシーラーを乗せたり馴染ませたりすることです。というのも、しみ・そばかすは、擦るなどの肌の刺激によるメラニン生成から、悪化することもあるからです。

 

その為、下記の手順は、すべて刺激を与えないように、優しくを心がけてください。

 

コンシーラーを含むベースメイク

 

しみ・そばかすをコンシーラーで綺麗に隠すためには、まずは、『コンシーラーを塗る順番』が大切です。パウダーファンデーションの場合は、下地⇒コンシーラー⇒ファンデーションの順で、リキッドやクリームファンデーションは、下地⇒ファンデーション⇒コンシーラーの順となります。

 

パウダーファンデーションの場合

下地⇒コンシーラー⇒ファンデーション

 

リキッドファンデーションの場合

下地⇒ファンデーション⇒コンシーラー

 

コンシーラーを塗る手順は、まず手の甲にコンシーラーを乗せて、自然に仕上がるように、少量を指先にとって、カバーしたい部分に乗せていきます。そこから、肌と同化させるように、指先でポンポンと馴染ませます。

 

コンシーラーを塗る上での注意点は、2つありまして、一つ目は、ムラにならないためにも、『カバーしたい部分に乗せる』ことです。カバーしたい部分からはみ出してしまうと、カバーしたい部分とそれ以外の肌の色に差が出て、色ムラにつながりやすくなります。

 

二つ目は、しっかりとカバーするために、『肌にコンシーラーを馴染ませすぎない』こともあげられます。肌に馴染ませすぎると、指先にコンシーラーが馴染むことから、肌から落ちて、しみ・そばかすがうまく隠れなくなります。

 

フェイスパウダーでの仕上げ

 

フェイスパウダー

カバー力を高めるために、『ラメやパールが入ったフェイスパウダー』で仕上げることもおすすめです。ラメやパールは、光の反射から、しみ・そばかすをボカして目立たなくさせる効果があります。

 

また、皮脂や汗を吸収する成分(シリカ)が入ったフェイスパウダーですと、ベースメイクの崩れを防止することも可能です。

ニキビ・ニキビ跡を隠すコンシーラーの選び方と色

ニキビ跡やニキビをコンシーラーで隠したい場合は…

 

ニキビ・ニキビ跡を隠すためには、まず、ニキビやニキビ跡向けの商品の中から選ぶことが大切です。ニキビなどを対象にしているコンシーラーは、ニキビができにくい成分や、ニキビを抑える坑炎症作用や殺菌作用のある成分を使用しているケースが多いので、ニキビ・ニキビ跡に優しいです。

 

続いて、ニキビ・ニキビ跡の中でも、色が濃かったり凹凸があるなど目立つものは、『ペンシルタイプやスティックタイプ』を選んだ方が良く、そこまで目立たないものは、『クリームタイプやリキッドタイプ』が良いです。

 

コンシーラー・ペンシル&スティック目立つ場合は、カバー力が期待できるペンシルやスティックの方が、綺麗に隠すことができます。目立たない場合は、ペンシルなどのカバー力は必要ないので、自然に隠せるクリームやリキッドがおすすめです。

 

コンシーラーの色は、ニキビ・ニキビ跡の色味によって、下記のように異なりますので、自分の症状にあわせた色を選んでください。

 

〜ニキビ〜

 

白ニキビ・・・初期段階の白ニキビは、毛穴に白い角栓がある状態なので、『肌に近い色』で隠せます。

 

赤ニキビ・・・炎症を起こして、赤みを帯びている赤ニキビは、赤みと肌を同化させる『グリーン、イエロー、ベージュ(赤みが強い順)』が向いています。

 

黄ニキビ・・・炎症から化膿して、黄味を帯びている黄ニキビは、黄色と同化しやすいように、『肌より暗めのトーン』を選ぶと良いです。

 

紫ニキビ・・・黄ニキビが悪化した紫色の紫ニキビは、肌の色と同化しやすい『イエロー』が良いです。

 

〜ニキビ跡〜

 

赤みのあるニキビ跡・・・ニキビの炎症ダメージによって起きた、赤みを帯びたニキビ跡は、『グリーン、イエロー、ベージュ(赤みが強い順)』が最適です。

 

茶色いニキビ跡・・・ニキビの炎症によるダメージから守るために、肌内部のメラニン生成が起きて、シミのように茶色味を帯びているニキビ跡には、『肌の色に近いものの暗めのトーン』を選びましょう。暗めのトーンは、茶色のニキビ跡と同化して、目立ちにくくさせる効果があります。

 

凹凸(クレーター)のニキビ跡・・・炎症が重症化したことで、肌ダメージから凹凸ができている場合は、『肌に近い色』が良いです。肌に近い色ですと、凹凸と凹凸以外の肌の色が統一されて、隠しやすいです。

 

更に詳しく⇒ 【保存版】コンシーラーでニキビを綺麗に隠す方法まとめ

 

ニキビ・ニキビ跡を隠す為のコンシーラーの正しい使い方

ニキビ・ニキビ跡を、コンシーラで隠す際は、ニキビ・ニキビ跡の悪化等を防止するため、『石鹸などで手を洗って清潔な状態にすること』と、『肌に刺激を与えないように優しい力』でコンシーラーを乗せたり馴染ませることが絶対です。守れない場合は、手についた雑菌によって、ニキビの悪化に繋がったり、肌の刺激によるメラニン生成から、ニキビ跡が残る可能性もあります。

 

フェイスパウダーは駄目

また、仕上げのフェイスパウダーは、ニキビ・ニキビ跡の悪化等に繋がるため、避けた方が良いでしょう。

コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーによる重ね塗りは、それらに含まれる油分が肌に増えることから、ニキビの原因菌で油分が好物のアクネ菌を活発化させて、ニキビ悪化やニキビをぶり返す可能性もあります。

 

コンシーラーを含むベースメイク

 

ニキビ・ニキビ跡を隠す前に、コンシーラーを肌に馴染ませるための『塗る順番』を覚えておきましょう。使用のファンデーションによっても異なり、パウダーファンデーションは、下地⇒コンシーラー⇒ファンデーションで、リキッドやクリームファンデーションは、下地⇒ファンデーション⇒コンシーラーの順になります。

 

パウダーファンデーションの場合

下地⇒コンシーラー⇒ファンデーション

 

リキッドファンデーションの場合

下地⇒ファンデーション⇒コンシーラー

 

コンシーラーを塗る手順は、塗る量を調節できるように、手の甲にコンシーラーを乗せて、厚塗りにならないように、少量を指先にとって、カバーしたい部分に乗せます。そこから、肌と同化させるように、指先でポンポンと馴染ませます。

 

コンシーラーを塗る上での注意点は、2つあります。
まず一つ目は、ムラ防止のために、『カバーしたい部分にのみコンシーラーを乗せる』ことです。カバーしたい部分からはみ出した場合、カバーしたい部分とそれ以外の肌の色に差が出て、色ムラが発生してしまいます。

 

二つ目は、しっかりカバーするために、『肌にコンシーラーを馴染ませすぎない』こともあげられます。肌に馴染ませることは大切ですが、やりすぎると、指先にコンシーラーが馴染むことから、肌から落ちて、ニキビ・ニキビ跡が目立ってしまいます。

目の下のクマを隠すコンシーラーの選び方と色

クマを隠すコンシーラーは油分多めの物を

 

コンシーラー・クリーム&リキッド目の下のクマは、油分が多めな『クリームタイプかリキッドタイプ』が合っています。というのも、目もとは、皮脂の分泌が少なく乾燥しやすいことから、油分の少ないペンシルタイプやスティックタイプでは、乾燥から、コンシーラーのひび割れなどのヨレに繋がりやすいからです。

 

コンシーラーの色に関しては、クマの種類によっても異なりますので、自分の症状に合った色を選んでください。

 

更に詳しく⇒ 目のクマをコンシーラーで隠す3つの原因別の方法と対策

 

〜症状別のクマに合うコンシーラーの色〜

 

青クマ・・・血行不良によって起きる、青紫色の青クマは、『オレンジ系』が肌と同化しやすいです。また、『肌に近いトーン』のオレンジを選ぶことで、コンシーラーの肌浮きを防止できます。

 

茶クマ・・・紫外線などの肌ダメージによるメラニン生成から起きる、茶色やくすんだ赤色のような茶クマは、『イエロー』が肌と同化します。青クマ同様に、コンシーラーの肌浮きを防ぐために、『肌に近いトーン』を選びましょう。

 

黒クマ・・・目のたるみが、影になることで起こる黒クマは、影をボカす効果のある『オレンジ系やピンク系(肌に近いものの明るめのトーン)』・『パール入り』が、黒クマを目立ちにくくします。

 

目の下のクマを隠す為のコンシーラーの正しい使い方

目の下のクマは、3種類ありまして、クマの種類によっては、悪化させないように注意点が多くなりますので、特に、『コンシーラーを塗る上での注意点』は注目ポイントです。

 

コンシーラーを含むベースメイク

 

目の下のクマを隠す前に、コンシーラーが綺麗に馴染むための『塗る順番』を覚えておきましょう。パウダーファンデーションは、下地⇒コンシーラー⇒ファンデーションの順で、リキッドやクリームファンデーションは、下地⇒ファンデーション⇒コンシーラーの順となります。

 

パウダーファンデーションの場合

下地⇒コンシーラー⇒ファンデーション

 

リキッドファンデーションの場合

下地⇒ファンデーション⇒コンシーラー

 

コンシーラーを塗る手順は、塗る量を調節できるように、手の甲にコンシーラーを乗せて、厚塗りにならないように、少量を指先にとって、クマに乗せていきます。そこから、肌と同化させるように、指先でポンポンと馴染ませていきます。

 

コンシーラーを塗る上での注意点は、2つありまして、一つ目(3つのクマに共通)は、しっかりカバーするために、『肌にコンシーラーを馴染ませすぎない』ことです。肌に馴染ませすぎると、指先にコンシーラーが馴染むことから、肌からコンシーラーが落ちて、クマがうまく隠れません。

 

二つ目(茶クマ)は、茶クマを悪化させないためにも、『優しい力』でコンシーラーを乗せたり馴染ませることです。乗せたり馴染ませる際に、強い力が加わると、ダメージから守るために肌内部のメラニン生成が起こって、メラニン沈着から、茶クマが悪化しやすくなります。

 

フェイスパウダーでの仕上げ

 

フェイスパウダー

クマのカバー力を高めるために、『ラメやパールが入ったフェイスパウダー』で仕上げることもおすすめです。ラメやパールは、光の反射から、クマをボカして目立たなくさせる作用があります。

 

茶クマにフェイスパウダーを乗せる際は、コンシーラー同様に、茶クマを悪化させないように、『優しく』のせるようにしてください。

 

ちなみに、目もとは皮脂や汗が分泌されにくく、それによるヨレや崩れも起きにくいため、フェイスパウダーは、皮脂や汗を吸収するタイプではなく、普通のフェイスパウダーで大丈夫です

ほくろを隠すコンシーラーの選び方と色

目立つほくろをキレイに隠すコンシーラーは…

 

コンシーラー・ペンシル&スティックほくろは、黒や茶色や凹凸など大きくて目立つケースも多いので、しっかりとカバーできる『ペンシルタイプかスティックタイプ』が良いです。

 

コンシーラーの色は、ほくろが濃い場合は、ほくろと肌が同化するように、『肌よりワントーン暗い色』を選びましょう。薄い場合は、『肌に近い色』でも隠すことができます。

 

ほくろを隠す為のコンシーラーの正しい使い方

キズケアフィルムほくろを隠す為に、コンシーラーは有効的ですが、凹凸があって目立つ場合は、隠れないこともあるので、『傷ケア用フィルム』を貼ってから、コンシーラーを含むベースメイクを行うことがおすすめです。
絆創膏のようにほくろを隠すことができる、傷ケア用フィルム(薬局や100円ショップでも購入可能)を、ほくろの大きさに切って、ほくろの上に貼り、ベースメイクを行うと、凹凸があるほくろでも綺麗に隠すことができます。

 

コンシーラーを含むベースメイク

 

ほくろを綺麗に隠す為には、まず、コンシーラーを『塗る順番』を覚えておく必要があります。使用しているファンデーションによっても異なり、パウダーファンデーションは、下地⇒コンシーラー⇒ファンデーションで、リキッドやクリームファンデーションは、下地⇒ファンデーション⇒コンシーラーの順となります。

 

パウダーファンデーションの場合

下地⇒コンシーラー⇒ファンデーション

 

リキッドファンデーションの場合

下地⇒ファンデーション⇒コンシーラー

 

コンシーラーを塗る際は、『コンシーラーブラシ』を使いましょう。毛の一本一本につくことから、肌にしっかりと乗せやすいです。

 

コンシーラーを塗る手順は、塗る量を調節できるように、手の甲のせたコンシーラーを、ブラシに適量とって、肌に付きやすくするように、ブラシを垂直ではなく『平行』にしてほくろに乗せます。指先で、コンシーラーを肌に馴染ませることも大切です。

 

コンシーラー塗る上での注意点は、2つありまして、一つ目は、カバーするために、『コンシーラーを馴染ませすぎない』ことです。肌に馴染ませすぎると、コンシーラーが指先に馴染んで、肌から落ちることで、ほくろが目立ってしまいます。

 

二つ目は、自然に仕上げるために、『多量ではなく適量』のコンシーラーを使うこともあげられます。ほくろを隠したいあまり、多量に塗ってしまうと、コンシーラーが際立って、隠しているのが分かってしまいます。

 

フェイスパウダーでの仕上げ

 

フェイスパウダー

厚塗りは避けたいですが、軽くフェイスパウダーでおさえると、カバー力が高まります。

 

この際、皮脂や汗を吸収する成分(シリカ)が入ったフェイスパウダーであれば、ベースメイクの崩れを防止することも可能です。

まとめ

美容部員

コンシーラーには、「ペンシルタイプ」「スティックタイプ」「クリームタイプ」「リキッドタイプ」と特徴の違う4種類がありまして、毛穴を隠す、ニキビを隠すなど『目的』によって、最適なコンシーラーの種類は違います。

 

また、綺麗にカバーしながら、キープさせるための、コンシーラーの『色の選び方』や『使い方』も、毛穴なら毛穴、ニキビならニキビで違うので、自分にあったコンシーラーの種類・色・使い方を実践することが大切です。

page top